ニオイの誘引物質

あまり知られていませんが、汗は臭わないんです。脇汗だって同様です。けれど、発汗して何もしないでいると、脇汗が衣類の細菌を分解し、これがニオイの誘引物質に変わり、臭いにおいや、わきがのにおいを発生させます。一段と、汗の量が増えると細菌が汗を分解する環境が整うため、ケアしない状況でいるとぐんぐん臭気レベルが上がります。
暑い時期やスポーツをしたときの汗のニオイが気になるのはそのせいです。肌の汚れを落とすことは、わきがケアの基本のうちのひとつです。
それに、潤いを保つことです。
しっかり汚れを落とさないとわきの肌表面に問題が発生します。
そして、肌の乾燥も肌を保護する機能を弱めてしまうことになるため、絶対に保湿を行ってください。しかし、余計に保湿を行っても逆効果になります。『エクリン腺』と『アポクリン腺』とは汗を分泌する汗腺のことです。全身にある『エクリン腺』から流れる汗は、9割強が水の成分なので、サラリとしていて臭いにくい汗です。
緊迫状態や辛いものを食べた時に手や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺から分泌しています。
脇汗の量が非常に多い「腋窩多汗症」もエクリン腺からの汗が原因です。思春期に脇や外陰部など、特定の部位に発達する『アポクリン腺』の汗も、かいた直後はほとんど臭いません。
でも、ケアしないで時間が過ぎると常在菌が汗を分解して、「ワキガ」特有のニオイを発生します。
しかも、粘度があり色素も含むため、黄ばみや汗ジミの元になります。
人は汗で体温調節しますが、予期せぬ多量の汗が出てしまい、毎日の生活に差し障りの出る症状を多汗症と言います。
大量の汗が脇から出る状態を『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、若い人に多く見られ、学校や仕事などの日常生活において何かと不都合があり、メンタルを蝕む辛い疾患でもありますしかし、医療機関で治すことができます。どんな対策方法があるのかを医療機関に問い合わせてみましょう。
ラポマインはわきがケアに欠かせないという女性も増加傾向にあります。普段のわきがケアにラポマインなどを取り入れることで、保湿力効果で、さらにわき肌がしっとりとなるでしょう。また、ラポマインの時間帯により異なる効果が表れますので、適度な量のラポマインを探してみてください。
また、ラポマインの効果は継続塗布によって違いがありますので、キャンペーンの時などに安く手に入れましょう

コメントを残す