『エクリン腺』から分泌する汗はサラサラしていてニオイが出にくい汗です

脇汗を止める方法

 

人は汗をかくのが普通のことですが、ときに体温調節に必要な量以上に汗をかき、日常生活に支障をきたす病気を『多汗症』と言います。
大量の汗が脇から出る状態を『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、若い人に多く見られ、仕事や社交、身体的活動、レジャーなどの日常生活において制限がありメンタル的に苦痛をきたす病気でもあります。
しかし、手術で治すことが出来ます。どんな治療方法があるのか、前もってよく調べましょう汗を分泌する汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2種類があります。体中に存在する『エクリン腺』から分泌する汗は、99%が水分であることから、サラサラしていてニオイが出にくい汗です。
緊迫状態や辛いものを食べた時に手や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺から分泌しています。
顔汗の量がとても多い「多汗症」もエクリン腺から出る汗が原因です。
思春期にからだの特定の部位に発達する『アポクリン腺』の汗も、分泌されてすぐはほとんど臭いません。でも、ケアしないで時間が過ぎると常在菌が汗を分解して、脇汗特有の臭いを発生します。
そのうえ、色素成分含有するため、黄ばみや汗ジミになってしまいます。女性の中でラポマインをわきがケアに取り入れる方も最近話題になっています。わきがケアのステップにラポマインなどを取り入れることで、今よりさらに保湿力アップができるとされています。
ラポマインの量を調節することによっても効き目が違いますので、自分の肌に合った適度な量のラポマインを使うとよりよいお肌になるでしょう。
さらに言うと、ラポマインの継続塗布が効果を左右するのでなるべくまとめて購入しましょう実は、汗そのものにはほとんどニオイがないんです。脇汗だって最初は無臭。
けれど、発汗して何もしないでいると、脇汗が衣類に染み込み、これがニオイの誘引物質に変わり、臭いにおいや、わきがのにおいを発生させます。一段と、汗の量が増えると細菌も活発に汗を分解するために、ケアしない状況でいるとぐんぐん臭気レベルが上がります。
暑い季節やスポーツ後の汗が臭いのはそれが要因です。わきがケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、またわき肌の水分を保つことです。
しっかりと汚れを落とせていないとわきの肌表面に問題が発生します。そして、肌が乾燥してしまっても外部の刺激から肌を守る機能を低下させることにつながるので、保湿は必ず行ってください。
でも、潤いを与えすぎることもニオイを誘発することになります。

コメントを残す