人間が汗をかくのは必ず起きる生理現象の一つですが


人間が汗をかくのは必ず起きる生理現象の一つですが、予期せぬ多量の汗が出てしまい、外出もできなくなる症状を多汗症と呼びます。
脇からたくさん脇汗が出ることを『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、低年層から若者世代で多く発病し、通常生活において対策に困り、心理的にとてもつらい病気です。
しかし、手術で治すことが出来ます。どのような手術方法があるのかを医療機関に問い合わせてみましょう。
『エクリン腺』と『アポクリン腺』という2種類の汗腺があります。全身に点在する『エクリン腺』から分泌される汗は、95%が水分なので、サラサラしていてニオイがでません。 緊張した時や刺激物を食べた時に手の平や足裏、脇などのエクリン腺から汗が出ています。
顔汗の量がとても多い「多汗症」もエクリン腺から出る汗が原因です。思春期に脇下や陰部などに生育する『アポクリン腺』の汗も、流れでた直後はほぼニオイがありません。ただ、拭いたり洗ったりしないまま時間が経つと汗が細菌に分解されて、腋臭とわかる匂いを発生します。
また、粘りがあり色素成分も含むため、黄ばみや汗ジミの原因にもなります。
驚くことに、汗自体にはほとんどニオイがありません。
脇汗もかきはじめはニオイません。
でも、汗をかいてケアしないまま時間が経つと、脇汗が酸化したり細菌に分解され、それがニオイの原因物質に変化して、わきが特有のニオイを出してしまいます。一段と、汗の量が増えると細菌も活発に汗を分解するために、ケアしない状況でいるとぐんぐん臭気レベルが上がります。
暑い季節やスポーツ後の汗が気になるのはそれが原因です。毎日のわきがケアの基本的なことは、肌の汚れを落とすこととわき肌に水分を与えることです。しっかりと汚れを落とせていないとわきの肌表面のトラブルが起こる要因となります。
また、肌の潤いが失われてしまうことも肌を保護する機能を弱体化させてしまうので、乾燥させないようにしてください。でも、潤いを与えすぎることもわき肌のためにはなりません。ラポマインはわきがケアに欠かせないという女性も最近多くなってきています。普段のわきがケアにラポマインなどを取り入れることで、ますます保湿力が上がり、乾燥することはありません。ラポマインの量を調節することによっても違った効果が表れますので、その時の気分やお肌の状況に合わせた適量のラポマインを探してみてください。
さらにラポマインは継続使用がとても大切です、なるべくまとめて購入しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。