汗の量が多くなると細菌も活発に汗を分解する

基本的に、汗そのものにはほぼニオイがありません。
そう、におわないのは脇汗も一緒です。けれど、発汗して何もしないでいると、脇汗で細菌が活性化され、これがニオイの誘引物質に変わり、腋臭のニオイや汗の匂いを発するようになります。
さらに、汗の量が多くなると細菌も活発に汗を分解するために、ケアしないままでいるとますますニオイます。
真夏日やスポーツをしたときの汗のニオイが臭いのはそれが要因です。
人間が汗をかくのは絶対に不可欠な生理現象の一つですが、時として思った以上にたくさんの汗をかき、日常生活ができなくなる病気を『多汗症』と言います。大量の汗が脇から出る状態を『腋窩多汗症』と言います。腋窩多汗症は、若年層から成年期に数多く発症し、学校や仕事などの日常生活において何かと不都合があり、なかでも心理面、精神的に苦痛をきたす疾患でもあります。しかし、医療機関で治すことができます。
どのような手術方法があるのかを病院に問い合わせてみましょう。汗腺の種類には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2つがあります。
ほぼ全身に存在する『エクリン腺』から出る汗は、99%が水分であることから、サラサラしていてニオイが出にくい汗です。
緊迫状態や辛いものを食べた時に手や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺から分泌しています。
汗が大量に出る「多汗症」もエクリン腺からの汗が原因です。
思春期にからだの特定の部位に発達する『アポクリン腺』の汗も、分泌されてすぐはほとんど臭いません。ただし、対策しないまま時間が経過すると細菌が汗を分解して、わきが独特のニオイを発生します。
加えて、色素成分が脇汗に含まれるため、黄ばみの原因になります。ラポマインはわきがケアに欠かせないという女性も増加傾向にあります。
毎日のわきがケアの際にラポマインを使用することで、保湿力効果で、さらにわき肌がしっとりとなるでしょう。
また、ラポマインの時間帯により効き目が違いますので、適度な量の、自分のお肌に合ったラポマインを使ってみるといいでしょう。
継続することが重要ですので、ラポマインを購入する際は、絶対に3ヶ月以上は続けましょうわきがケアで基本であることは、汚れを落としキレイにすることとわき肌に水分を与えることです。
しっかりと汚れを落とせていないとわきの肌表面の異常の原因となります。
そして、肌の乾燥も肌をトラブルから保護する機能を弱めてしまうことになるため、乾燥させないようにしてください。
しかし、余計に保湿を行ってもニオイを誘発することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。