人は汗をかくのが普通のことですが

人は汗をかくのが普通のことですが、時として思った以上にたくさんの汗をかき、日常生活に支障をきたす病気を『多汗症』と言います。大量の汗が脇から出る状態を『腋窩多汗症』と言います。腋窩多汗症は、思春期から成年期に多く発症し、日常生活やまわりの目を苦慮し、メンタル的に苦痛をきたす病気でもあります。しかし、手術で治すことが出来ます。
どのような治療方法があるのかを医療機関に問い合わせてみましょう。ラポマインをわきがケアに取り入れる女性も最近話題になっています。
わきがケアのステップにラポマインなどを取り入れることで、今よりさらに保湿力アップができるとされています。ラポマイン塗る時間によっても異なる効果が表れますので、その時のお肌の状況により最適なラポマインを適度に使うとよりよいお肌になるでしょう。
継続することが重要ですので、ラポマインを購入する際は、キャンペーンの時などに安く手に入れましょう『エクリン腺』と『アポクリン腺』という2種類の汗腺があります。全身に点在する『エクリン腺』から分泌される汗は、9割が水状であることから、サラっとしてニオイが出にくい汗です。
切迫した時などに出る脇汗・顔汗などは、エクリン腺からの分泌になります。
顔汗の量がとても多い「多汗症」もエクリン腺から出る汗が原因です。
思春期に脇や外陰部など、決まった部分に発達する『アポクリン腺』の汗も、かいてすぐは臭うことはありません。ただし、きれいにしないままでいると肌の細菌が汗を分解して、脇汗特有の臭いを発生します。
しかも、粘度があり色素も含むため、黄ばみや汗ジミの元になります。
毎日のわきがケアの基本的なことは、肌の汚れを落とすことと潤いを保つことです。
しっかり汚れを落とさないとわきの肌表面に問題が発生します。
また、肌が乾燥してしまうことも肌を保護する機能を低下させることにつながるので、絶対に保湿を行ってください。
しかしながら、保湿を行いすぎることも汗をかく原因になります驚くことに、汗自体にはほとんどニオイがありません。脇汗もかきはじめはニオイません。けれど、発汗して何もしないでいると、脇汗が衣類に染み込み、これがニオイの誘引物質に変わり、腋臭のニオイや汗の匂いを発するようになります。
一段と、汗の量が増えると汗を分解する細菌が増殖しやすい環境になるため、ケアしないままでいるとますますニオイます。
暑い季節やスポーツ後の汗が臭いのはそれが要因です。

コメントを残す