わきがケアといえばラポマイン!

わきがケアといえばラポマイン!という女性も増加傾向にあります。
わきがケアのステップにラポマインなどを取り入れることで、保湿力アップを期待できます。
ラポマインの量を調節することによっても様々な効果が表れますので、適度な量の、自分のお肌に合ったラポマインを使うとよりよいお肌になるでしょう。
ラポマインの使用する期間によって左右されるので、まとめて割引価格で購入しましょう実は汗からニオイは発生しないんです。
脇汗だって無臭です。でも、汗をかいて何も対処しないと、脇汗で細菌が活性化され、それがにおいの原因になり、わきが特有のニオイを出してしまいます。さらに、汗の量が多くなると汗を分解する細菌が増殖しやすい環境になるため、ケアしないままでいるとますますニオイます。
冬の暖房効き過ぎの部屋での汗の匂いが臭いのはそれが要因です。
『エクリン腺』と『アポクリン腺』とは汗を分泌する汗腺のことです。
『エクリン腺』は全身にあり、エクリン腺から出る汗は、99%が水分であることから、ほぼにおいがない汗です。
ストレスを感じた時や恥ずかしい思いをした時に手の平や足裏、脇などに出る汗は、このエクリン腺から出ています。顔汗の量がとても多い「多汗症」もエクリン腺から出る汗が原因です。
思春期にからだの特定の部位に発達する『アポクリン腺』の汗も、かいた直後はほとんど臭いません。
ただし、対策しないまま時間が経過すると細菌が汗を分解して、わきが臭が発生します。しかも、粘度があり色素も含むため、黄ばみや汗ジミの元になります。
わきがケアで基本であることは、汚れを落としキレイにすることとわき肌の水分を保つことです。肌に汚れが残っているとわきの肌表面の異常の原因となります。そして、肌が乾燥してしまっても肌を保護する機能を低下させることにつながるので、乾燥させないようにしてください。
しかし、保湿しすぎるのも汗が出るので逆効果になります。
人は汗で体温調節しますが、ときに体温調節に必要な量以上に汗をかき、毎日の生活に差し障りの出る症状を多汗症と言います。
脇汗が多い状態を『腋窩多汗症』と言います。腋窩多汗症は、若年層や中年世代で多く発症し、通常生活において対策に困り、メンタルを蝕む辛い疾患でもありますですが、病院で治療し治すことが出来ます。
どんな改善方法があるのかを病院に問い合わせてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。