人間が汗をかくのは必ず起きる生理現象

人間が汗をかくのは必ず起きる生理現象の一つですが、予期せぬ多量の汗が出てしまい、毎日の生活に差し障りの出る症状を多汗症と言います。
わきからたくさん汗が出ることを『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、低年層から若者世代で多く発病し、日常生活やまわりの目を苦慮し、なかでも心理面、精神的に苦痛をきたす疾患でもあります。
しかし、医療機関へ行き、治療することができます。
どんな改善方法があるのかを医療機関に問い合わせてみましょう。
わきがケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、またわき肌の水分を保つことです。
洗浄をきちんと行わないとわきの肌表面に問題が発生します。そして、肌が乾燥してしまっても内側の水分が逃げていかないようにする機能を弱体化させてしまうので、絶対に保湿を行ってください。
でも、必要以上に保湿をすることもわき肌のためにはなりません。
『エクリン腺』と『アポクリン腺』という2種類の汗腺があります。
全身に点在する『エクリン腺』から分泌される汗は、9割強が水の成分なので、サラリとしていて臭いにくい汗です。
緊張した時や刺激物を食べた時に手の平や足裏、脇などのエクリン腺から汗が出ています。手汗の量が多い「多汗症」もエクリン腺から分泌される汗が原因です。思春期に脇や乳首など、特定の部位に発育する『アポクリン腺』の汗も、かいた直後はほとんど臭いません。
ただ、拭いたり洗ったりしないまま時間が経つと汗が細菌に分解されて、わきが独特のニオイを発生します。また、衣類に染みこむと、黄ばみや汗ジミの原因にもなります。
あまり知られていませんが、汗は臭わないんです。
脇汗だって同様です。しかし、発汗してケアをないがしろにして時間が過ぎると、脇汗が酸化したり細菌に分解され、それがニオイの元となり、腋臭のニオイや汗の匂いを発するようになります。
さらに、汗の量が多くなると汗を分解する細菌が繁殖しやすい環境になるため、ケアしない状況でいるとぐんぐん臭気レベルが上がります。
夏やスポーツをした時の汗のにおいが臭いのはそのためです。
女性たちの間でわきがケアにラポマインを使うという方も増えてきているのではないでしょうか。
ラポマインの中でもラポマインなどをわきがケアで使うことで、保湿力効果で、さらにわき肌がしっとりとなるでしょう。
ラポマイン塗る時間によっても異なる効果が表れますので、適度な量の、自分のお肌に合ったラポマインを使うとよりよいお肌になるでしょう。
継続することが重要ですので、ラポマインを購入する際は、キャンペーンの時などに安く手に入れましょう

コメントを残す