「多汗症」もエクリン腺から出る汗が原因です

汗を分泌する汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2種類があります。『エクリン腺』は全身にあり、エクリン腺から出る汗は、9割が水状であることから、サラっとしてニオイが出にくい汗です。
緊張した時や辛いものを食べた時に手の平や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺から出ています。顔汗の量がとても多い「多汗症」もエクリン腺から出る汗が原因です。
思春期に脇や乳首など、特定の部位に発育する『アポクリン腺』の汗も、かいてすぐは臭うことはありません。でも、ケアしないで時間が過ぎると常在菌が汗を分解して、「ワキガ」特有のニオイを発生します。加えて、色素成分が脇汗に含まれるため、黄ばみの原因になります。
人間が汗をかくのは絶対に不可欠な生理現象の一つですが、時として思った以上にたくさんの汗をかき、日常生活ができなくなる病気を『多汗症』と言います。ワキから汗が多く出る状態を『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、低年層から若者世代で多く発病し、日常生活やまわりの目を苦慮し、精神的に非常に苦しむ病気です。ですが、病院で治療し治すことが出来ます。
どのような治療方法があるのかを病院でよく確認しましょう。
驚くことに、汗自体にはほとんどニオイがありません。
脇汗もかきはじめはニオイません。でも、汗をかいて何も対処しないと、脇汗が衣類の細菌を分解し、それがニオイの元となり、汗臭さやワキガ臭を発生させます。
今まで以上に発汗が増えると汗を分解する細菌が繁殖しやすい環境になるため、対策しないままでいると手の施しようのないことになります。夏やスポーツをした時の汗のにおいが気になるのはそれが原因です。
肌の汚れを落とすことは、わきがケアの基本のうちのひとつです。
それに、乾かないようにすることです。
肌に汚れが残っているとわきの肌表面の異常の原因となります。
そして、肌が乾燥してしまっても肌をトラブルから保護する機能を退化させてしまうため、保湿を必ずするようにしてください。しかしながら、保湿を行いすぎることもニオイを誘発することになります。
女性の中でラポマインをわきがケアに取り入れる方もどんどん増えてきています。
ラポマインの中でもラポマインなどをわきがケアで使うことで、保湿力をグンと上げることができます。
ラポマイン塗る時間によってもいろいろと効果が変わってきますので、適度な量の、自分のお肌に合ったラポマインを活用しましょう。さらにラポマインは継続使用がとても大切です、なるべくまとめて購入しましょう

コメントを残す