汗は99%が水分である

人は汗で体温調節しますが、汗が出てしまい、生活が送れなくなる病気を多汗症と呼びます。脇汗がたくさん出ることを『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、若い人に多く見られ、学校や仕事などの日常生活において何かと不都合があり、メンタル的に苦痛をきたす病気でもあります。
しかし、医療機関へ行き、治療することができます。
どんな対策方法があるのかをネットや書籍でよく調べましょう実は、汗そのものにはほとんどニオイがないんです。脇汗だって最初は無臭。
しかし、発汗してケアをないがしろにして時間が過ぎると、脇汗が衣類に染み込み、これがニオイの誘引物質に変わり、腋臭のニオイや汗の匂いを発するようになります。さらに、脇汗が多量になると細菌が汗を分解する環境が整うため、ケアしないままでいるとますますニオイます。
暑い時期やスポーツをしたときの汗のニオイが気になるのはそのためです。
ラポマインはわきがケアに欠かせないという女性もどんどん増えてきています。わきがケアのステップにラポマインなどを取り入れることで、今よりさらに保湿力アップができるとされています。ラポマインの塗り方を変えることによってもいろいろと効果が変わってきますので、適度な量のラポマインを探してみてください。
ラポマインの使用する期間によって左右されるので、絶対に3ヶ月以上は続けましょう汗を出す汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2種類があります。体中に存在する『エクリン腺』から分泌する汗は、99%が水分であることから、サラサラしていてニオイが出にくい汗です。
緊張した時や刺激物を食べた時に手の平や足裏、脇などのエクリン腺から汗が出ています。汗が大量に出る「多汗症」もエクリン腺からの汗が原因です。思春期にからだの特定の部位に発達する『アポクリン腺』の汗も、かいてすぐは臭うことはありません。ただし、対策しないまま時間が経過すると細菌が汗を分解して、わきが臭が発生します。また、衣類に染みこむと、黄ばみや汗ジミの原因にもなります。肌の汚れを落とすことは、わきがケアの基本のうちのひとつです。
それに、潤いを保つことです。
しっかり汚れを落とさないとわきの肌表面にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。
そして、肌の乾燥も内側の水分が逃げていかないようにする機能を弱体化させてしまうので、絶対に保湿を行ってください。
でも、潤いを与えすぎることも逆効果になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。