暑い時期やスポーツをしたときの汗のニオイが気になります

基本的に、汗そのものにはほぼニオイがありません。
そう、におわないのは脇汗も一緒です。
だけど、汗が出てケアを怠り時間が過ぎると、脇汗で細菌が活性化され、それがニオイの原因物質に変化して、腋臭のニオイや汗の匂いを発するようになります。
さらに、汗の量が多くなると汗を分解する細菌が繁殖しやすい環境になるため、ケアしない状況でいるとぐんぐん臭気レベルが上がります。
暑い時期やスポーツをしたときの汗のニオイが気になるのはそのためです。
『エクリン腺』と『アポクリン腺』という2種類の汗腺があります。
『エクリン腺』は全身にあり、エクリン腺から出る汗は、99%が水分であることから、ほぼにおいがない汗です。
緊張した時や刺激物を食べた時に手の平や足裏、脇などのエクリン腺から汗が出ています。
汗の量が非常に多い「多汗症」もエクリン腺からの汗が原因です。
思春期にからだの特定の部位に発達する『アポクリン腺』の汗も、分泌されてすぐはほとんど臭いません。
でも、ケアしないで時間が過ぎると常在菌が汗を分解して、わきが独特のニオイを発生します。
加えて、色素成分が脇汗に含まれるため、黄ばみの原因になります。
人間が汗をかくのは必ず起きる生理現象の一つですが、汗が出てしまい、生活が送れなくなる病気を多汗症と呼びます。ワキから汗が多く出る状態を『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、若い人に多く見られ、日常生活やまわりの目を苦慮し、メンタルを蝕む辛い疾患でもありますしかし、医療機関で治すことができます。どんな治療方法があるのか、医療機関に問い合わせてみましょう。
毎日のわきがケアの基本的なことは、肌の汚れを落とすことと乾かないようにすることです。
しっかり汚れを落とさないとわきの肌表面にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。また、肌の潤いが失われてしまうことも内側の水分が逃げていかないようにする機能を弱めてしまうので、保湿を必ずするようにしてください。
しかしながら、保湿を行いすぎることもニオイを誘発することになります。わきがケアといえばラポマイン!という女性も最近話題になっています。
わきがケアの際にラポマインなどを使うことで、保湿力アップを期待できます。また、ラポマインの時間帯により様々な効果が表れますので、その時の気分やお肌の状況に合わせた適量のラポマインを使ってみるといいでしょう。
さらに言うと、ラポマインの継続塗布が効果を左右するのでなるべくまとめて購入しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。