驚くことに、汗自体にはほとんどニオイがありません

驚くことに、汗自体にはほとんどニオイがありません。
脇汗もかきはじめはニオイません。
だけど、汗が出てケアを怠り時間が過ぎると、脇汗が酸化したり細菌に分解され、それがニオイの原因物質に変化して、臭いにおいや、わきがのにおいを発生させます。
今まで以上に発汗が増えると汗を分解する細菌が繁殖しやすい環境になるため、ケアしない状況でいるとぐんぐん臭気レベルが上がります。
暑い時期やスポーツをしたときの汗のニオイが臭いのはそれが要因です。
人間が汗をかくのは必ず起きる生理現象の一つですが、汗が出てしまい、毎日の生活に差し障りの出る症状を多汗症と言います。
ワキから汗が多く出る状態を『腋窩多汗症』と言います。腋窩多汗症は、思春期から成年期に多く発症し、学校や仕事などの日常生活において何かと不都合があり、心理的にとてもつらい病気です。
ですが、病院で適切な治療を受けると治ります。
どのような治療方法があるのかを前もってよく調べましょうラポマインをわきがケアに取り入れる女性も最近多くなってきています。
わきがケアの際にラポマインなどを使うことで、保湿力をグンと上げることができます。ラポマイン塗る時間によっても違った効果が表れますので、自分の肌に合った適度な量のラポマインを使うとよりよいお肌になるでしょう。
また、ラポマインの効果は継続塗布によって違いがありますので、キャンペーンの時などに安く手に入れましょう汗を出す汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2種類があります。『エクリン腺』は全身にあり、エクリン腺から出る汗は、9割が水状であることから、サラっとしてニオイが出にくい汗です。
緊張した時や辛いものを食べた時に手の平や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺から出ています。
汗が大量に出る「多汗症」もエクリン腺からの汗が原因です。思春期に脇下や陰部などに生育する『アポクリン腺』の汗も、かいた直後はほとんど臭いません。
ただ、拭いたり洗ったりしないまま時間が経つと汗が細菌に分解されて、わきが独特のニオイを発生します。
そのうえ、色素成分含有するため、黄ばみや汗ジミになってしまいます。肌の汚れを落とすことは、わきがケアの基本のうちのひとつです。
それに、わき肌の水分を保つことです。
しっかりと汚れを落としてキレイにしないとわきの肌表面に悪影響が生じる原因となります。さらに、肌の乾燥もまた肌を保護する機能を低下させることにつながるので、乾燥させないようにしてください。
しかし、余計に保湿を行ってもよくないことです。

コメントを残す