人は汗をかくのはとても必要なこと

人は汗をかくのはとても必要なことですがときに体温調節に必要な量以上に汗をかき、毎日の生活に差し障りの出る症状を多汗症と言います。わきからたくさん汗が出ることを『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、若年層から成年期に数多く発症し、仕事やスポーツ、レジャーなどの通常生活で制限があり心理的にとてもつらい病気です。
ですが、病院で適切な治療を受けると治ります。
どのような治療方法があるのかを病院に問い合わせてみましょう。
あまり知られていませんが、汗は臭わないんです。
脇汗だって同様です。
でも、汗をかいてケアしないまま時間が経つと、脇汗で細菌が活性化され、それがニオイの原因物質に変化して、臭いにおいや、わきがのにおいを発生させます。一段と発汗量が増えると汗を分解する細菌が繁殖しやすい環境になるため、ケアしない状態でいるとより一層ニオイを発します。
暑い時期やスポーツをしたときの汗のニオイが臭いのはそのためです。わきがケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、またわき肌の水分を保つことです。
しっかりと汚れを落とせていないとわきの肌表面の異常の原因となります。そして、肌の乾燥も外部の刺激から肌を守る機能を退化させてしまうため、乾燥させないようにしてください。
しかしながら、保湿を行いすぎることも汗をかく原因になります汗を分泌する汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2種類があります。
体中に存在する『エクリン腺』から分泌する汗は、99%が水分であることから、サラサラしていてニオイが出にくい汗です。 緊迫状態や辛いものを食べた時に手や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺から分泌しています。
顔汗の量がとても多い「多汗症」もエクリン腺から出る汗が原因です。思春期に脇下や陰部などに生育する『アポクリン腺』の汗も、かいてすぐは臭うことはありません。でも、ケアしないで時間が過ぎると常在菌が汗を分解して、脇汗特有の臭いを発生します。また、衣類に染みこむと、黄ばみや汗ジミの原因にもなります。
ラポマインはわきがケアに欠かせないという女性も最近多くなってきています。
ラポマインの中でもラポマインなどをわきがケアで使うことで、ますます保湿力が上がり、乾燥することはありません。ラポマインの量を調節することによっても異なる効果が表れますので、その時のお肌の状況により最適なラポマインを適度に活用しましょう。
さらにラポマインは継続使用がとても大切です、まとめて割引価格で購入しましょう

コメントを残す