脇汗がたくさん出ることを『腋窩多汗症』と言います

あまり知られていませんが、汗は臭わないんです。
脇汗だって同様です。
だけど、汗が出てケアを怠り時間が過ぎると、脇汗が衣類の細菌を分解し、これがニオイの誘引物質に変わり、汗臭さやワキガ臭を発生させます。
一段と、汗の量が増えると汗を分解する細菌が繁殖しやすい環境になるため、ケアしないままでいるとますますニオイます。暑い季節やスポーツ後の汗が気になるのはそのためです。人は汗をかくのはとても必要なことですがときに体温調節に必要な量以上に汗をかき、外出もできなくなる症状を多汗症と呼びます。
脇汗がたくさん出ることを『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、若年層から成年期に数多く発症し、日常生活やまわりの目を苦慮し、メンタルを蝕む辛い疾患でもありますですが、病院で適切な治療を受けると治ります。どんな対策方法があるのかをネットや書籍でよく調べましょう女性の中でラポマインをわきがケアに取り入れる方も増えてきているのではないでしょうか。わきがケアの際にラポマインなどを使うことで、今よりさらに保湿力アップができるとされています。ラポマインの量を調節することによっても効き目が違いますので、その時の気分やお肌の状況に合わせた適量のラポマインを使ってみるといいでしょう。継続することが重要ですので、ラポマインを購入する際は、割引価格で大量購入が重要です。
『エクリン腺』と『アポクリン腺』という2種類の汗腺があります。
『エクリン腺』は全身にあり、エクリン腺から出る汗は、99%が水分であることから、サラサラしていてニオイが出にくい汗です。
切迫した時などに出る脇汗・顔汗などは、エクリン腺からの分泌になります。
脇汗の量が非常に多い「腋窩多汗症」もエクリン腺からの汗が原因です。
思春期に脇や乳首など、特定の部位に発育する『アポクリン腺』の汗も、かいた直後はほとんど臭いません。
でも、ケアしないで時間が過ぎると常在菌が汗を分解して、腋臭とわかる匂いを発生します。
また、粘りがあり色素成分も含むため、黄ばみや汗ジミの原因にもなります。わきがケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、また乾かないようにすることです。
肌に汚れが残っているとわきの肌表面のトラブルが起こる要因となります。また、肌の潤いが失われてしまうことも肌をトラブルから保護する機能を弱めてしまうので、保湿を必ずするようにしてください。でも、必要以上に保湿をすることも逆効果になります。

コメントを残す