人は汗で体温調節します

人は汗で体温調節しますが、予期せぬ多量の汗が出てしまい、生活が送れなくなる病気を多汗症と呼びます。
脇汗がたくさん出ることを『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、低年層から若者世代で多く発病し、日常生活やまわりの目を苦慮し、心理的にとてもつらい病気です。ですが、病院で適切な治療を受けると治ります。
どのような手術方法があるのかを医療機関に問い合わせてみましょう。
汗を分泌する汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2種類があります。
ほぼ全身に存在する『エクリン腺』から出る汗は、9割強が水の成分なので、サラリとしていて臭いにくい汗です。 ストレスを感じた時や恥ずかしい思いをした時に手の平や足裏、脇などに出る汗は、このエクリン腺から出ています。脇汗の量が非常に多い「腋窩多汗症」もエクリン腺からの汗が原因です。
思春期に脇下や陰部などに生育する『アポクリン腺』の汗も、かいてすぐは臭うことはありません。
ただ、拭いたり洗ったりしないまま時間が経つと汗が細菌に分解されて、わきが臭が発生します。
また、衣類に染みこむと、黄ばみや汗ジミの原因にもなります。わきがケアといえばラポマイン!という女性も増加傾向にあります。わきがケアの際にラポマインなどを使うことで、ますます保湿力が上がり、乾燥することはありません。ラポマインの塗布の仕方によっても異なる効果が表れますので、その時のお肌の状況により最適なラポマインを適度に使うとよりよいお肌になるでしょう。継続することが重要ですので、ラポマインを購入する際は、キャンペーンの時などに安く手に入れましょう実は汗からニオイは発生しないんです。
脇汗だって無臭です。
でも、汗をかいて何も対処しないと、脇汗で細菌が活性化され、それがにおいの原因になり、わきが特有のニオイを出してしまいます。
さらに、脇汗が多量になると汗を分解する細菌が増殖しやすい環境になるため、ケアしないままでいるとますますニオイます。
真夏日やスポーツをしたときの汗のニオイが臭いのはそのためです。わきがケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、またわき肌に水分を与えることです。
肌に汚れが残っているとわきの肌表面にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。さらに、肌の乾燥もまた肌を保護する機能を弱めてしまうことになるため、保湿を必ずするようにしてください。しかし、保湿しすぎるのも汗が出るので逆効果になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。