人は汗をかくのはとても必要なことですが…

人は汗をかくのはとても必要なことですがときに体温調節に必要な量以上に汗をかき、毎日の生活に差し障りの出る症状を多汗症と言います。脇汗がたくさん出ることを『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、若年層や中年世代で多く発症し、日常生活やまわりの目を苦慮し、メンタルを蝕む辛い疾患でもありますですが、病院で適切な治療を受けると治ります。
どんな治療方法があるのか、ネットや書籍でよく調べましょう実は汗からニオイは発生しないんです。
脇汗だって無臭です。でも、汗をかいてケアしないまま時間が経つと、脇汗で細菌が活性化され、それがニオイの原因物質に変化して、腋臭のニオイや汗の匂いを発するようになります。
今まで以上に発汗が増えると細菌が汗を分解する環境が整うため、何もしないままでいるとますますにおいます。
夏やスポーツをした時の汗のにおいが気になるのはそのせいです。
『エクリン腺』と『アポクリン腺』という2種類の汗腺があります。
全身に点在する『エクリン腺』から分泌される汗は、9割が水状であることから、サラっとしてニオイが出にくい汗です。
緊迫状態や辛いものを食べた時に手や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺から分泌しています。
手汗の量が多い「多汗症」もエクリン腺から分泌される汗が原因です。
思春期に脇や乳首など、特定の部位に発育する『アポクリン腺』の汗も、流れでた直後はほぼニオイがありません。ただし、対策しないまま時間が経過すると細菌が汗を分解して、腋臭とわかる匂いを発生します。そのうえ、色素成分含有するため、黄ばみや汗ジミになってしまいます。
女性たちの間でわきがケアにラポマインを使うという方も最近多くなってきています。
わきがケアのステップにラポマインなどを取り入れることで、保湿力をグンと上げることができます。
ラポマインの量を調節することによっても効き目が違いますので、その時のお肌の状況により最適なラポマインを適度に使うとよりよいお肌になるでしょう。また、ラポマインの効果は継続塗布によって違いがありますので、まとめて割引価格で購入しましょうわきがケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと乾かないようにすることです。
洗浄をきちんと行わないとわきの肌表面にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。そして、肌が乾燥してしまっても内側の水分が逃げていかないようにする機能を弱めてしまうので、乾燥させないようにしてください。
しかしながら、保湿を行いすぎることもわき肌のためにはなりません。

コメントを残す